2019年04月02日

生きていて良かったと思えること!

新しい元号が令和と発表になり、平成も4月で終焉を迎えると思うと感慨深い思いになります。この日、銀座の名店である「てんぷら近藤」に連れて行っていただきました。

てんぷら近藤のご主人.jpg

究極の食材を使った野菜のてんぷらをはじめ、この日は白子のてんぷら、アワビのてんぷら、ウニのてんぷら等、ひとつひとつご主人の手によって揚げられるてんぷらは、お見事の言葉しか見つかりません。いつも御主人のてんぷらを食べて思うことは生きていて良かったと思える事です。

てんぷら近藤の御主人と.jpg

私が御主人を尊敬するのは店主である自らがお客様に、ひとつひとつ、てんぷらを揚げて下さることです。世界中、おいしい食べ物はたくさんありますが、毎回、思うことは人生最後に何を食べたいかと聞かれたら、てんぷら近藤の御主人のてんぷらと言っても過言ではありません。71歳になられる御主人の仕事ぶりを見ていると、私も現場で仕事に専心し、全身全霊で仕事を全うしていきたいと思います。本当に生きていて良かったと思えるお料理を提供してくださる、てんぷら近藤の御主人に心より感謝致します。



posted by Mr.7354 at 05:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする