2017年07月30日

自分にとってのアナザースカイ!

私の大好きなテレビ番組にアナザースカイというものがあります。自分の人生で自分が行きたかった場所に行って、人生のターニングポイントとなった思い出や人々と会い、原点回帰するという番組です。私にとってはカナダのトロントがアナザースカイです。

トロントにて.jpg

父から、「孝、お前、カナダのトロントに行ってみないか?」という言葉がきっかけで1987年1月11日にトロントに行くことになるのですが、日本しか知らなかった自分を世界は広いんだということを教えてくれた場所がカナダのトロントなのです。指圧の国家資格を取得し、祖父の秘書をし、患者様の治療をさせて頂き、慣れてきたところだったのですが、今となっては、あの時の23歳の自分は未熟で父はとても心配していたのではないかと思います。当時は日本で仕事をして、友人と遊ぶことが楽しくて、何も不自由はありませんでしたが、過去を振り返るとトロントでの人々との出会いが自分の人生を変えたといっても過言ではありません。カナダで私の面倒を見てくれた父の弟子である斎藤健泉先生には日本と世界の違いをはじめ、心構え、人生哲学を教わりました。慶應義塾大学レスリング部で鍛えられ、日本でビジネスマンを経験しカナダにわたった斎藤先生との出会いは今の自分の礎といえます。

今年はカナダを初めて訪れてから30年がたち、親友のレナードをはじめ、たくさんの友人達と思い出を語り合いました。30年前と何も変わらない瞬間で原点回帰出来ました。(レナードのワイフのウェンディがいない以外は。)

ナイアガラのYMCAでの指圧セミナーも大盛況に終わり、30年前では考えられない自分自身を見つめなおすこともできました。日本に帰ってきても、私にとってのアナザースカイはいつも心の中にあります。今回の指圧セミナーはじめ、たくさんの皆様にお世話になったことに心から感謝致します。

I Never Foget Wendy forever!

Wendy.jpg
posted by Mr.7354 at 05:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする